トランプよ、よく言った。

六月二十五日(晴)

朝から夏日を思わせる天気で気分が良い。米大統領トランプが側近に、日米安保破棄の考えを話していたそうだ。戦後、米大統領が言わなかったのが不思議だ。まあ意図は何なのかわからないが、日本に対し、安保を考えるきっかけをつくったというのは良いことだ。この発言でビクビクしているのは間違いなく日本政府である。戦後のあの混乱の状況なら仕方がなかった。しかし時代は変わった。本来なら、日本側から言わなければならない日米安保の問題をアメリカから言われるとはなんとも情けない話だ。

日本の側から安保ははもう不完全であり、国際情勢も変化してきた。従って、一旦、安保を破棄し、米軍基地も一旦撤退してもらうというのがこれこそ戦後レジームからの脱却ではないだろうか。そして日米は、不平等から平等、対等へと変わらなければならない。という日本側の姿勢を、そろそろ米国に示さなければならないと思う。そして憲法改正となるべきだ。トランプは日米安保破棄をつぶやき、プーチンは四島返還はありえないと言い出し、北の拉致問題は遠のき、韓国のゆすりたかりは続き、中国は、侵犯を繰り返し、日本の土地を買いあさり、目まぐるしく世が動いている。日本は、暢気に国会で不信任案決議を提出するとい始末。どうしたものか。

夜は、久しぶりにD-BOPへ。十一時前にライブは終了。少し歓談をし、明日は病院の定期検査なので早めにお暇する。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック